武蔵野うどん ますや

仕事の関係で東村山に出没することもあるんだけど、うどん(武蔵野うどん)が有名だなんて知らなかったね。
ここら辺は昔から麦の生産がさかんで、米よりも小麦文化の土地だったらしい。
今では麦を作っているところも少ないみたいだけど、今日食べた「ますや」さんは、地粉を使っているとのこと。
さて、その「ますや」さんですが、外観も内装もまったく飾り気のない(いい意味です)、まさに昔ながらのうどん屋さんという感じ。
武蔵野うどん ますや 肉汁うどん店主の神山さんをはじめ、おばちゃんたち数人が切り盛りしている。
家庭的なあったかい雰囲気で都内のお店のサービスではこの雰囲気は味わえません。
注文したのは、肉汁うどん。
武蔵野うどん ますや純手打ちうどんに数種類の天ぷらがついています。それをバラ肉の入ったつゆ(肉汁)で食します。
うどんは粉の影響だと思うけど、普通のうどんとは風味や味が違いますね。
手打ちの腰の強さも出ています。
全体的な印象は、とにかく家庭的で素朴なほっとできる味わいです。
最後まで知らないで食べてしまったけど、ここの自家製のゆず胡椒を入れて食べるとさらにいい味わいになるらしい。
お煮しめやヌカ漬けなんかをサービスでいただいてしまって御馳走さまでした。
それにしても割合身近にこんなうどん文化があるとは知らなかった。
武蔵野うどんは、ここ以外にも有名な店があるみたいなので、他も行ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です