タミフルの影響?

子供が先週の月曜日に熱を出し、翌日には熱が下がっていたけど、セキや鼻水がひどかったので、病院に連れていった。
まあ普通の風邪だろうと考えて、気楽に受診したんだけど、診断結果はまさかのインフルエンザB型!
そして処方されたのが、一時期異常行動という副作用が問題になったタミフル。。。
その後異常行動とタミフルの因果関係は証明されていないと記憶していたが、正直いい印象はなかった。
それでも心配ながら服用させてみることにした。
発症してから早めに服用した方がいいというので、病院から戻り昼食を取らせた後、早速服用開始。
眠気を誘うのか、しばらくすると寝てしまった。
寝始めると3時間以上も寝てしまい、起きてからは機嫌が悪い悪い。
病院に行く前は割合機嫌が良かったのに、病院行って薬を服用してからは、なぜか再度発熱し、機嫌の悪さは最高潮。
うちの子のひどい癇癪については、ここでも紹介している通りだけど、その日もかなり酷かった。
眼の動きもなんだかちょっとおかしいし、言葉もちょっと普通じゃない。
タミフルは5日分処方されたけど、熱が下がったからといって中断してはいけないらしく(耐性ができるから)、仕方なく朝と夜の服用を続けた。
タミフルの影響なのかわからないが、タミフルを服用させると、眠気と機嫌の悪さを発現し、対応する親としてはかなり疲労困憊の5日間となった。
そして、ようやく日曜日にタミフルの服用は終了。
月曜日に病院で「意見書」を書いてもらって保育園に登園できることになった。
その後タミフルを服用しなくなってからは機嫌のいい状態が続いている。
妻も同意見だけどかなり違う印象。
確かにインフルエンザが良くなって、機嫌が戻ったのか、タミフルのせいかはわからないけど、次回インフルエンザにかかっても正直タミフルの服用はやめようと考えている。
そもそも日本だけらしいし。こんなにタミフル使っているのは。
いい印象のなかったタミフルだったが、ますます嫌になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です