東京モーターショー

チケットが手に入ったので、久々東京開催のモーターショーに行って参りました。
子供がいるということもあったけど、基本的にそんなに車に興味があるわけではないので、まあさらっとまわってみようと考え、まずは東展示棟から入り、西展示棟へ向かった。
まず感じたのは、車とは関係ないけど、ブース設営が昔とは随分変わったな~ということ。
うまい言い方ができないが、ダイナミックで立体的な設営になっていて、どこもめちゃくちゃでかいパネルを使って自社広告を流していた。
それから感じたのは、配布するパンフレット類はどこも簡素化しているということ。
結局、家に帰ればゴミになるだけだから、それよりもモーターショーに足を運んでもらった時に感じるインパクトを重視してブース設営をしていると感じた。
あと、ブースの区画がでかい。モーターショーのブースってこんなに広かったっけっていう感じ。(特にトヨタとホンダ)
これは米国のビッグ3なんかが出展していないから、割り当てが大きくできたからなのか??
予想以上にどこのブースも混んでいて、あまりよく見なかったけど、妻の会社の日産だけはちょっと長居した。
日産のブースはEVは全てでしたね。リーフの他EVのコンセプトカーをいくつか展示して「EVの日産」を全面に打ち出していた。
IMG_17158.jpg
IMG_17162.jpg
IMG_17165.jpg
西展示棟はトヨタがメインでBMWなんかがありましたが、結局長居したのは子供が喜ぶゆるキャラがいたところ。
展示車両に乗せているよりもよっぽど喜んでいた。
IMG_17184.jpg
JAFのブースでは子供の安全運転免許証を作成できるところがあり、そこで作った免許証が一番のお土産になった。
IMG_17194.jpg
さて、帰り道にアクシデントが・・・
今日もいつものようにふざけてぶら下がっていた子供が何かの拍子に左腕をひねり、泣き出した。
子供曰く「手がこわれた~」!!
やってしまった。。。また肘抜けです。
痛がる子供をなだめすかして急いで帰り、タクシーでまた慈恵の救急へ。
今回は幸いにして、ほとんど待つことなく、治療してもらえた。
肘をはめてもらうと何でもなかったようにしていますが、実際どんな感じなのかよくわからない。
とにかく親が気をつけるしかないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です