あづみ野のホスピタリティ

安曇野はこれまで何度も訪れているけど、今回は初めて子連れで。
今回は泊ったところはいつもと同じ泉郷だったけど、食事や観光はほとんど今まで行ったことのないところを選んでみた。
そして、今回最も感じたこと、それはあづみ野のホスピタリティの素晴らしさだった。
それにしても、スタート時点での気分はまったくのブルーだった。
というのも、予約していたレンタカーのあまりのボロさにいらだっていたから。
安いところを選んだ自分の責任だけど、まずナビがまったく使えないのはまいった。
データが古いので、目的地をなかなかエントリーできない。安曇野は今は市になってるけど、昔は違っていたので住所では探せないし、目的地としていたお店はだいたい新しいから電話番号でも探せない。
とにかくナビはあてにできないので、ナビがない時代のように、印刷した地図を頼りに出発した。
とりあえず、食べ物だけピックアップして書いてみると。。。
まずお昼過ぎには安曇野に到着して、調べてあったイタリアンのお店「ラ・フェリチタァ」へ。
さすがに安曇野では知られたお店だけあって、しばらく待ったが、思ったよりも早く入れた。
メニューを見ると、いくつかのコースがあり、大人二人は1500円のコースにして、子供はお子様ランチ的なメニューを注文した。
驚いたのは、子供でもピザの具を選択できて、子供用の生地を使用していること。
そして子供用に出てきたのは、ちゃんとした前菜の盛り合わせと大きさの小さいピザ一枚。
少食な大人ならこれだけで満足できるくらいの量。。。
自分が注文したのは、生パスタだったけど、これがとてもうまい。
IMG_14195.jpg
乾麺では味わえないモチモチ感があって、ソースも抜群。
前菜もデザートもいいし、全体として正直この値段でいいの?っていうくらいの満足。
唯一の難点といえばお酒が飲めないこと。ここは基本的に車で来るしかないから、運転手はお酒が飲めない。これだけの料理はぜひワインとともに味わってみたいものです。
2日目の朝食は「るんびに」というパン屋さんへ。
ここのパンは自分好みのずっしりと食べ応えのあるパンです。
とても気持ちのいいお庭でハーブティーといっしょにいただきました。
昼食は、「安曇野餃子館」で。
ここの餃子はシンプルな味わいですが、皮がもちもちで、毎日食べても飽きないようなおいしさです。
焼き餃子も水餃子もなかなか美味しいですね。
3日目の朝食では「あづみ野の朝」というパン屋さんに行きました。
ここは前にも来たことがあるけど、「るんびに」とは趣向が異なり、惣菜パンやデザートパンが充実しています。こちらのパンの方が、やわらかくフワフワなので、子供には食べやすいかな。
ここでもテラスに出て、安曇野の景色を見渡しながら気持ちのいい時間を過ごさせていただきました。
IMG_14534.jpg
それから、デザートは、「おはら胡蝶庵」で抹茶ソフトとか抹茶系スイーツを食べた。
抹茶が濃厚で、ボリュームもあって大満足。でもちょっと食べ過ぎ。。。
IMG_14344.jpg
2日泊まったホテルのディナー(和と洋)もなかなかだったけど、じっと落ち着いていられない子供と一緒では時間をかけてゆっくりディナーを楽しめる余裕はなく、子供連れでは外でランチするくらいがまだ丁度いい気がする。
とにかく、今回の旅行の食事はかなり満足でした。うまいのもそうだけど、やっぱり安曇野のホスピタリティがとても気持ち良かったことで、満足度がかなりアップしたことは間違いない。
ここまで食べ物のことしか書いていませんが、もちろん、安曇野の観光も沢山しました。
朝の連ドラ「おひさま」の舞台になっているようなきれいな景色も堪能したし、
IMG_14266.jpg
レンタサイクルに乗って、穂高神社や安曇野の景色、道祖神を見て回ったり、
IMG_14326.jpg
子供がめちゃくちゃ喜んでなかなか離れなかった遊具(アルプスあづみの公園のマシュマロドーム)もあったし、
IMG_14383.jpg
とにかく安曇野は将来住みたくなるくらいいい所だと再確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です